カルバマゼピン(テグレトール)の作用機序

てんかん発作の治療薬であるテグレトールはNaチャンネル阻害薬と呼ばれる医薬品です。てんかん発作は脳の神経細胞に伝達異常が起こるために引き起こされる発作です。通常の細胞は負の電荷を帯びています。これが安静状態です。しかし、神経に刺激が伝わり、興奮状態になると正の電荷を帯びた状態に変化します。この正の電荷はNa+イオンが細胞に流入するために蓄えられていきます。そして、マイナスからプラスへと徐々に変化していくのです。電荷がプラスに変化して、更に異常放電を引き起こし出してしまう事があります。異常放電を引き起こしだすとてんかん発作が発現するのです。

つまり、てんかん発作を抑えるためには、Na+イオンの流入を抑えて異常放電を引き起こさなければよいという事になります。Na+イオンはNaチャンネルと呼ばれる経路を通じて細胞に流入していきます。このチャンネルを阻害し抑制をうながす効果をもつのが、テグレトールの主成分であるカルバマゼピンの薬効であると言われています。

このようにテグレトールには神経細胞の興奮状態、つまり、神経の伝達を抑える効果があることから、てんかん発作を抑えるだけではなく三叉神経痛などの痛みを抑制することも可能です。てんかん発作の治療のみに使用されるだけではなく、躁うつ病、鬱病、統合失調症などの精神疾患、三叉神経痛などに効果があるのはこのような作用機序をカルバマゼピンが特徴としてもっているためです。

テグレトールはノバルティスファーマーが販売するカルバマゼピンを主成分とする薬剤の商品名ですが、そのほかにカルバマゼピンを主成分とする商品としては、レキシンという商品名で第一三共から、カルバマゼピン「アメル」という商品名で共和薬品から発売されています。

テグレトールの効果的飲み方について
■てんかん治療薬ならこのサイトで購入
てんかん発作に効く治療薬